特定看護師転職ランキング

特定看護師の養成

特定看護師の養成機関として挙げられるのは、やはり「大学」です。

専門的な知識や技術を身につけなければならない、「特定看護師」は、その教育が一番大事だということができます。

宮城県仙台市の東北文化学園大は2010年の11月17日、従来の看護業務よりも高度な医療行為を行う「特定看護師」の養成講座を来年度から開設すると発表しました。

特定看護師は厚生労働省が導入を検討しており、医師の業務とされる医療行為の一部を看護師が担うもので、医師の負担軽減になると考えられているのです。

すでに大分県立看護科学大や国際医療福祉大では特定看護師の養成コースが開設されています。

養成講座は、修士課程健康福祉専攻に開設し、現職の看護師で実務経験が5年以上が対象となっています。2年間のカリキュラムで、医療機関に働きながら通学できるように平日の夜や土曜日に講義を行うといった教育制度をとっています。 医師が麻酔や救急医療に関する授業を行う他、東北大病院や東北厚生年金病院などと連携して病院実習も行う予定になっているそうです。

この東北文化学園大学大学院修士課程以外にも、特定看護師の養成機関として、先ほども名前を挙げた、公立大学法人大分県立看護科学大学大学院修士課程は、いち早くこの養成機関に名乗りを上げ、2008年から養成を開始しています。

他には、聖路加看護大学大学院修士課程 (2009年度開始)、東京医療保健大学大学院看護学研究科修士課程(2010年度開始、国立病院機構と密接な連携をとっている)、北海道医療大学大学院修士課程(2010年度開始)、聖マリア学院大学大学院修士課程(2010年度開始)などが「特定看護師」の養成機関として、現在日本の医療業界を担うであろう「特定看護師」を育てています。

東北文化学園大のように、医療機関に働きながらでも、「特定看護師」を目指せる環境を作ってくれるというのは、非常にありがたい話で、現職の看護師に「特定看護師」を目指しやすい環境と言えます。

まだまだ試行段階のこの制度ですが、「特定看護師」の未来は明るく、成り手もこれからどんどんと増えてくることでしょう。

看護師と医師が融合した人材が生まれるのですから、本格的に施行した際には、その就職先も引く手あまただということは間違いありません。

こういったやりがいのある、また未来の明るい「特定看護師」での転職を考えているなら、「ナースフル」などの転職支援サイトを利用して、医療業界の最新の情報を常にチェックしておきましょう。

特定看護師・転職サイトランキング!まずはここに登録してみよう!

ナース人材バンク

URL:https://www.nursejinzaibank.com/ ※東証一部上場企業が運営




ナースフル

URL:http://www.recruit-nb.jp/ ※業界No.1のリクルート系の仲介サイト




マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス



※当サイトでは上場企業が運営するナース人材バンクが安定して1位を獲得中です。
※リクルート系企業が運営するナースフルも人気上昇中です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2013 特定看護師転職ランキング All Rights Reserved.