特定看護師転職ランキング

専門薬剤師とは

薬剤師という仕事は、就業場所は、色々と考えられますが、それぞれ、やはり楽な仕事でない事は、確かな事といえます。 病院薬剤師は、病院薬剤師で、すべての病院内の薬品を取り扱う事となりますから、大変労力がいる仕事と言えますし、製薬会社もまた、様々な面で薬品を扱う事により、労力を強いられる仕事ですから、薬剤師として働く以上、どの現場にいても、大変であると同時に、やりがいも大きい仕事である事は確かです。

そんな薬剤師という仕事、資格の中にも特定の医療分野において、高度な知識、技術を備え、尚且つ経験を積む薬剤師の資格として、専門薬剤師、認定薬剤師という資格も存在します。 本来、薬剤師という資格自体、専門職であるとは言えますが、その専門職の中でも更に専門分野を極める、専門分野に特化した薬剤師というのが、この専門薬剤師や認定薬剤師という事になります。

流れとしては、研修を行い、日病薬の講習を行う、尚且つ試験を経て、認定薬剤師として認められ、尚且つその後学会や論文を発表し、試験を更に受け、合格する事により、専門薬剤師としての資格を得るという事になります。

そのような専門分野に特化した、認定薬剤師には、感染制御認定薬剤師としての資格、¥やがん薬物療法認定薬剤師、という資格も存在し、尚且つ精神科薬物療法認定薬剤師、妊婦、授乳薬物療法認定薬剤師等、様々存在しますし、専門薬剤師になると、感染制御専門薬剤師から、がん専門薬剤師、精神科専門薬剤師、妊婦・授乳婦専門薬剤師、HIV感染症専門薬剤師等、専門薬剤師種類も、認定薬剤師種類も非常に、色々な専門分野における薬剤師資格が存在する事となります。

このように、専門分野に特化した、専門、もしくは認定薬剤師になるためには、やはり色々なステップを踏んでいく必要があり、一般薬剤師から講習であるとか、症例、試験を経て、認定薬剤師としての資格を手にし、そこからさらに学会や学術論文、試験を経て専門薬剤師となりますから、その道のりも相当労力を要することになりますが、その分、その資格を得て、その資格相当の薬剤師職をするという事は、やりがいは非常に大きいものとなり得る事は確かだと思います。

薬剤師という仕事自体、薬の管理から、患者さんにおけるコミュニケーション能力を必要とされ、色々な苦労を強いられる職業だと言えますが、その道を極めれば、極めるほど、その薬剤師としての地位も確立でき、尚且つその仕事に対するやりがいを大きいものにできる、というのが、薬剤師とういう仕事の魅力でもあると感じます。調剤薬局の求人についてはこちらです。どんな職場でも厳しいんですね。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2013 特定看護師転職ランキング All Rights Reserved.