特定看護師転職ランキング

特定看護師への転職について

最近の医療業界の流れに詳しい方の中には、特定看護師になりたいと思う看護師もいらっしゃると思います。

この特定看護師になるには、5年の臨床経験と養成カリキュラムを組む大学院を修了後、第三者機関の評価を受けた人に与えられる資格です。

これからの世の中を考えれば、この「特定看護師」の担う役割は大きく、実際に本格始動ともなれば、多くの医療機関が求人を出すであろう注目の資格です。

それほど医師不足は問題であり、看護師の手を借りなければならないほど深刻な状況に陥っているのです。

医師不足とはいうものの、実際の問題は、その医療科目にあるといえます。

人気の高い歯科医師にばかりなりたがる医師が増え、実際に歯科医師の世界は医師が溢れています。こういった現状への対抗措置も最近では必要だとされてきています。

実際にそういった現実の対抗措置は遅れに遅れ、看護師の手を借りなければならない状況になってしまったのです。

しかしながらこの制度も結局は、現実的に過酷である看護師の仕事に、輪をかけて業務を追加するという行為ですから、看護師の負担は非常に増えるわけです。

現在、その看護師自体が人出不足に陥っており、潜在看護師への復帰支援や転職支援サイトの活躍によって、解消の兆しはみえてはきているものの、現実の解消にはまだまだ程遠い状態になるのです。

たしかに「特定看護師」という制度はすばらしく、これが現実になれば、医師の手助けをすることはできるでしょう。

しかし、地方の医師不足の解消はどうでしょうか?

優秀な人材は、地方都市を離れ、都市部に集まる傾向は、看護師の転職状況をみていても明らかで、より厳しい労働条件になれば、それなりの報酬や待遇を受けたいと願うのが、普通の人間の正常な反応だと言えるのです。

こういったことからも、「特定看護師」において、地方の医師不足を解消するためには、なんらかの支援制度を作っておかなければ、地方への「特定看護師」不足がまた医師と同じように起きてしまうのです。

特定看護師はまだ始まったばかりの制度で、やっと100人が実際の現場へ出て、こういったもののデータを取ろうとしている段階です。

特定看護師での転職をしたいと考える人は、医療業界に詳しいマイナビ看護師「マイナビ看護師」などに登録し、こういった最新の医療情勢をチェックしておく必要があります。

「特定看護師」制度は良い制度に変わりはないですが、しっかりとしたその後のことを考えていないと本来の目的と違った結果になってしまうかもしれません。

特定看護師・転職サイトランキング!まずはここに登録してみよう!

ナース人材バンク

URL:https://www.nursejinzaibank.com/ ※東証一部上場企業が運営




ナースフル

URL:http://www.recruit-nb.jp/ ※業界No.1のリクルート系の仲介サイト




マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス



※当サイトでは上場企業が運営するナース人材バンクが安定して1位を獲得中です。
※リクルート系企業が運営するナースフルも人気上昇中です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2013 特定看護師転職ランキング All Rights Reserved.