特定看護師転職ランキング

特定看護師と認定看護師

認定看護師とは、日本看護協会の発表によれば、日本看護師協会認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践のできる者をいう。看護現場において実践・指導・相談の3つの役割を果たすことにより、看護ケアの広がりと質の向上を図ることに貢献する。とあります。

この認定看護師は基本的に、その専門分野に対して具体的な「診療行為」はすることはありません。

認定看護の分野は10個の分野に分かれ、更に20個の項目に細かく分類され、それぞれ認定看護師には、知識と技術を求められることなります。

例えば同じ「がん」という分野でも2つに分かれていて、「がん化学療法看護」と「がん性疼痛看護」という二つのジャンルがあります。
そしてそれぞれ、習得していなければならない知識と技術があります。

「がん化学療法看護」では、がん化学療法薬の安全な取り扱いと、適切な投与管理、副作用症状のマネジメントをすることができる。がん化学療法を受ける患者・家族のアセスメント及び、問題に対するマネジメント能力向上のための支援をするとあり、やはり具体的な治療を施すなどといったことは、書かれてはいません。

「がん性疼痛看護」では、がん性疼痛の全人的ペインアセスメントと症状マネジメント。そして、薬物療法の適切な使用と管理及びその効果の評価をすることとあります。

こういったことを比べてみると、「特定看護師」と「認定看護師」の役割は全く違うということがわかります。

医師会は、「特定看護師制度」をあまり受け入れる気はないという意見が多く、現看護師の役割拡大で十分という意見が聞かれます。

この「特定看護師制度」のきっかけは医師不足にあると言えます。

医師が多忙だから、看護師の力を借りた方がいいと主張する人間が多く、今回の「特定看護師制度」が試行されている。

しかし、実際には、この3年で医学部定員は1000人以上増加しているのが現状なのです。

急性期の現場で看護師に高度な医療技術を指導するより、既に現場に出ている研修医や医学生を、いち早く一人前に育てる方がこう言った制度を作るよりもよいという意見が多く聞かれます。

このことから「認定看護師」については理解を示すという意見が多いようです。

こういった「特定看護師」は新制度の試行の結果で、より多くの人間が転職を考え増加する傾向にあります。

その際は、医療業界の流れに詳しい、「ナースフル」などの転職支援サイトを利用することがメリットがあると言えるでしょう。

特定看護師・転職サイトランキング!まずはここに登録してみよう!

ナース人材バンク

URL:https://www.nursejinzaibank.com/ ※東証一部上場企業が運営




ナースフル

URL:http://www.recruit-nb.jp/ ※業界No.1のリクルート系の仲介サイト




マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス



※当サイトでは上場企業が運営するナース人材バンクが安定して1位を獲得中です。
※リクルート系企業が運営するナースフルも人気上昇中です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2013 特定看護師転職ランキング All Rights Reserved.