特定看護師転職ランキング

特定看護師関連のニュース

これからの医療業界が大きく変わるかもしれない制度である、「特定看護師制度」に関するニュースが入ってきた。

以下はその一部である。

厚生労働省のチーム医療推進のための看護業務検討ワーキンググループ(WG、座長=有賀徹・昭和大医学部教授)は2月16日、特定看護師(仮称)に関する調査試行事業を修了した看護師を対象に、同省が来年度、病院や訪問看護ステーションなどの現場で実証的なデータを収集する「業務試行事業」の最終案を了承した。同事業では16大学院、1研修機関を修了した約100人が対象となる見込み。25日のチーム医療推進会議で正式決定する。

というニュースが2011年の2月のニュースであります。

特定看護師の現場への本格的な投入が、試験的ではありますが、始まるということになりました。これでいよいよデータが揃い、問題がないと判断されれば本格的な「特定看護師」が誕生することとなり、現場での活躍が期待されます。

これまで実施されなかった理由の一つは、「医療事故への懸念」がありました。

医療事故を起こした場合に責任はどこが取るのかなどといった問題です。

これは未だに議論をしている大変大きな問題で、業務試行事業で事故が発生した際の責任について、「刑事責任を負うことはなかなか考えにくい」とする意見と、民事責任は「個別のケースで異なる」という意見があり、なかなか解決するには難しい問題だということが分かります。その上で、「基本的な責任の取り方は、現在行われている医療行為と変わらないが、特別な事業をやっているので、医療関係者の注意義務の程度が高くなる」ので、今までの医師たちがとってきた責任と同じ責任を負わなければならないという方向で意見がまとまりそうな気配を見せています。

少しずつ前へ前へ進んでいる、「特定看護師制度」ですが、この現場への導入により、より早く制度が確立してくれれば、医師不足に悩む医療業界にとっても、明るい兆しとなることは間違いありません。

こういった良い制度はどんどんと前へ進め、現代の中にある多くの社会問題を少しずつ解決していかなければなりません。

「特定看護師」の本格的な医療現場への導入は、もうすぐ先までせまっているかもしれません。

こういった職種への転職を考えている看護師の方は、転職支援サイトに登録をし、情報を収集しておくことで、新しいキャリアへの挑戦の一歩を踏み出すことができるようになります。

転職支援サイトは、「ナースフル」などの大手企業が運営するサイトが有名です。

特定看護師・転職サイトランキング!まずはここに登録してみよう!

ナース人材バンク

URL:https://www.nursejinzaibank.com/ ※東証一部上場企業が運営




ナースフル

URL:http://www.recruit-nb.jp/ ※業界No.1のリクルート系の仲介サイト




マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス



※当サイトでは上場企業が運営するナース人材バンクが安定して1位を獲得中です。
※リクルート系企業が運営するナースフルも人気上昇中です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2013 特定看護師転職ランキング All Rights Reserved.