特定看護師転職ランキング

特定看護師とは

特定看護師は2009年までは、診療看護師という表現をされていました。

特定看護師は、アメリカのナースプラクティショナーをモデルケースとしているわけですが、医師の代わりに、医師の仕事を肩代わりし、重篤ではない患者の診察から処方までというシステムは、特定看護師にはなく、医師の指示のもとでその仕事の一端を担う仕事にとどまっているのが現状です。

2010年に厚生労働省がモデル事業として試行しているため、最新の医療事業ということができるのです。

そもそも日本は、深刻な医師不足、看護師不足の危機に陥っており、特に高齢化社会となった今は、病院勤務医の疲弊や地域の医師不足以外にも、高齢患者の為の在宅医療に足を運べる医者の不足も叫ばれており、深刻に深刻を重ねた状況となってます。

そこで提案されたのが【特定看護師】というわけです。

前述にあるようにもともとはアメリカのナースプラクティショナーのような制度を作り、医者の負担を減らそうと考えられたもので、あくまで看護師のできる範囲を拡大するものであり、こうした制度を作ることで、少しでも医師の負担を減らそうとしているのが見受けられます。

特定看護師になるには、原則として、臨床経験5年以上体験し、更に大学院の所定の養成コースを修了した人にのみこの資格を認定するといった方向で、この話は進んでいるのですが、医師の仕事であれば、全ての医師の仕事でも手伝えるというわけではなく、麻酔科の特定看護師、手術の前後の医師の仕事を手伝う周術期の特定看護師といったように、役割は限定された形で認められるということになっています。

具体的な特定看護師の仕事内容は、

・重症度や治療効果判定のための検査
・超音波検査。エックス線、CT(コンピューター断層撮影法)、MRI(磁気共鳴画像)の読影の補助
・人工呼吸器を着ける患者の気管挿管
・傷口の縫合
・在宅療養や外来での薬の変更や中止
・床ずれの処置

などとなっています。

まだまだ特定看護師の制度は始まったばかりで、これからいろいろな課題や問題がでてくることでしょう。

しかしこういった制度は、確実に医師の負担を減らし、医療サービスの向上を実現させることは間違いありません。

こういった情報は最新の医療業界に詳しい転職支援サイトなどに詳しい情報が載っています。

特定看護師になるための転職を希望するなら、こういったサイトで情報をこまめにチェックしておきましょう。

更に、より詳しい情報を知りたいのなら、専属のキャリアコンサルタントに相談してみるのが一番です。

特定看護師・転職サイトランキング!まずはここに登録してみよう!

ナース人材バンク

URL:https://www.nursejinzaibank.com/ ※東証一部上場企業が運営




ナースフル

URL:http://www.recruit-nb.jp/ ※業界No.1のリクルート系の仲介サイト




マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス



※当サイトでは上場企業が運営するナース人材バンクが安定して1位を獲得中です。
※リクルート系企業が運営するナースフルも人気上昇中です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2013 特定看護師転職ランキング All Rights Reserved.